佐々木IT経営コーディネートオフィス

東京都稲城市 向陽台1丁目5-6

 

TEL:090-1045-1377

 

email;sasaki-yuuichi@ttv.ne.jp

 

休業日

年中無休

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

ブログ(どうする団塊世代) 

 

 東日本大震災の復興を支援しています

福島屋商店

麦チェン!「江別麦の会」の挑戦

   フードシテムの鮮明化
   フードシテムの鮮明化

北海道江別市の江別製粉)佐久間さんに会い話を聞いてきました。

江別市は水田地帯から田畑混合地帯へチェンジしてきている。

何故小麦なのか?

(1)活用範囲が広い

(2)北海道自給率200%

(3)国内自給率13%

(4)多くの地域の基幹作物(転作地帯も含め)

国内の自給率は13%で87%は海外からの輸入である。

主要なマーケットであるパン、中華めんはタンパク質の高い物が求められる。それを強力系の小麦粉というらしい。

日本の小麦は中力系の小麦が多く、パン、中華めんには不向きとのこと。

強力系小麦の安定供給へ向けて1990年ごろから「ハルユタカ」の生産技術の研究を進めてきたが10年近くは、収穫量の不安定、品質のバラツキがあり、安定生産へのチャレンジ続きだった。

最近は「ユメチカラ」という超強力系の品種が現れ、大いに期待されている。

各地でおこる地域資源の掘り起こしのキーワードは「地粉」「ヒト」「連携」「協調」で、地域ブランドでの「地粉」が台頭してきている。

麦チェンプロジェクトで進めてきた農部門と商工部門の壁をなくす「フードシステム鮮明化」のフレームワークを活用して、大豆なども価格が高く、動いていないので麦チェンプロジェクトを転換して連携していきたいと思っている。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Arica Ocegueda (金曜日, 03 2月 2017 21:33)


    Remarkable things here. I'm very satisfied to peer your article. Thank you so much and I am taking a look forward to touch you. Will you kindly drop me a mail?

  • #2

    Jesus Trask (金曜日, 03 2月 2017 23:25)


    Helpful info. Lucky me I found your website by chance, and I'm surprised why this twist of fate did not took place in advance! I bookmarked it.