佐々木IT経営コーディネートオフィス

東京都稲城市 向陽台1丁目5-6

 

TEL:090-1045-1377

 

email;sasaki-yuuichi@ttv.ne.jp

 

休業日

年中無休

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

ブログ(どうする団塊世代) 

 

 東日本大震災の復興を支援しています

福島屋商店

6次産業化

  さらさらレッド高機能性タマネギ
  さらさらレッド高機能性タマネギ

タマネギ博士と呼ばれている東海大学)西村先生に6次産業の話を伺いました。

日本の新成長戦略は「ライフイノベーション」と「グリーンイノベーション」で北海道モデルのライフイノベーションは「食・観光・健康」だ。

TPP参加で話題になっている日本の高関税率の主な製品は以下

・コンニャク芋(1706%)

・米(778%)

・バター(360%)

・小麦(252%)

・革製品(30.0%)

・牛肉(38.5%)

現在の農業政策の問題点は

・一部の農協は農業者を縛ってきた。農協から見れば農家は言われた通

 り生産してくれれば良いという考え方

・農協は独立して法人化した農家に圧力をかける場合がある

・農協の役割が低下している

・農業者の低所得、高齢化、後継者不足

・個別所得補償制度の限界

その中で、国際競争に勝ちうるアグリフーズ政策の導入を進めなければならない。

・生産効率を上げるための農地集積や圃場(はたば)条件の整備

・後継者や新規参入者など担い手の確保と育成

・農業用ロボットで省力化、生産コストの低減

・安全、安心の農産物生産、有機農産物、無農薬農産物

・高機能成分を増加させる育種の推進

・生活習慣病予防の高機能性食品の開発

   ⇒新規性・独創性を持つ技術、知的財産

   ⇒市場ニーズに合致した加工食品開発

6次産業化の実現方策 は

・生産者(1次)、加工業者(2次)、流通業者(3次)それぞれの団

 体、企業が一体となりコーディネータなども加え、製品開発に取り

 む

・市場規模、市場ニーズを正確に把握し、技術経営能力を発揮して製

 開発に取り組む

・製品開発に大学、試験研究機関から技術支援を受ける

・製品の販売に地域行政、住民の協力の下、地域の農商工連携による

 域ぐるみの取り組みを展開する

と語っていた。

大学のベンチャー企業を4社も立ち上げている西村先生は研究者であり、経営者でもあるという印象でした。